Blog×アフィリエイト

アドセンスブログにおけるアクセスが集まる記事タイトルのつけ方

動画講義はこちら

アクセスが集まる記事タイトルとは

記事タイトルを付ける際、以下の3つをチェックすることで「アクセスが集まる記事タイトル」を作成ことが出来ます。

  • 検索されるキーワードが入っているか
  • 関連・連想キーワードが入っているか
  • 違和感が無い記事タイトルになっているか

それぞれ詳しく見ていきましょう。

検索されるキーワードが入っているか

記事タイトルを付ける際に最も重要なのは、記事タイトルに「検索されるキーワードを入れること」です。

せっかく頑張って記事を書いたとしても、検索されないキーワードで記事タイトルを作ってしまったらアクセスは全く集まりません。

検索されるキーワードは、検索エンジンを使うことで簡単に見つけることができます。

Googleの場合

スクリーンショット 2016-08-02 17.28.13
例えばGoogleの検索窓に「りんご」と入力すると、「りんご」の後ろにキーワードが表示されます。これらは「りんご」と一緒に検索されているキーワードになります。

よって、これらのキーワードを入れて記事タイトルを作成するとその記事が上位表示した際にアクセスが集まります。

Yahoo!の場合

スクリーンショット 2016-08-02 17.36.54
Yahoo!も同様に、検索窓にキーワードを入力することで実際に検索されているキーワードが表示される仕組みになっています。

このように、検索エンジンを使うと実際に検索されているキーワードを簡単に見つけることができます。

関連・連想キーワードが入っているか

関連キーワードとは

kk
関連キーワードとは、メインキーワードに直接関連するキーワードです。今回の例で「りんご」の後ろに表示されているキーワードが関連キーワードになります。

連想キーワードとは

連想キーワードとは、あるニュースを見た人が次に知りたいと思うキーワードになります。こちらに関しては動画の方が分かりやすいのでそちらを参考にされて下さい。

違和感が無い記事タイトルになっているか

違和感がある記事タイトルは「え、もしかしてスパムサイト?」とユーザーに不信感を与えてしまい、クリックされにくい傾向があります。

例えば今回の「りんご」の例でいうと、こんな記事タイトルを付けたとします。

りんごのカロリーやイラストや栄養保存方法&冷凍重さダイエットについて!!

…明らか不自然ですよね(笑)

ユーザーもクリックし辛いですし、検索エンジンからもスパム判定を受ける可能性があるのでキーワードの詰め込みすぎには注意しましょう。

最後に

以上、アドセンスブログにおけるアクセスが集まる記事タイトルのつけ方でした。

慣れると無意識レベルで記事タイトルを付けられるようになるので、
ぜひ今回の記事をしっかりと読んで実践してみてくださいね。

コメントはコチラから-(≧∀≦*)

*

Return Top