Blog×アフィリエイト

アドセンスブログで稼ぐために必要な1記事あたりの文字数

動画講義はこちら

この記事では、アドセンスブログで記事を書く際の1記事あたりの文字数について解説しています。「文字数」は上位表示を狙う上でとても重要な要素です。ライバルに勝つためにどれぐらい必要なのか見ていきましょう。

文字数はどのぐらい必要?

最低1000文字は必要

アドセンスブログで月収10万円以上稼ぐには、
1記事あたり最低1000文字は必要になります。

昔は500文字くらいあれば十分と言われていましたが、
上位表示するために必要な文字数は年々増えています。

それは、アドセンスブログを実践するライバルが増えているのと同時に、
Googleのアルゴリズムが記事の中身を重要視するようになってきているからです。

関連キーワードが増え「専門的」と見なされやすい

文字数を増やすことによって、狙ったキーワードやそれと関連しているキーワード(共起語、類語)が自然と文章中に入るようになります。

不自然に入れるとスパム扱いになるので注意が必要ですが、Googleはこういったキーワードが自然に盛り込まれている記事ほど「専門性が高い記事」と評価し順位を上げるアルゴリズムがあります。

500文字の記事と1000文字の記事があった場合、後者の方が自然とキーワードが増えやすいですよね。よって、文字数が多い記事の方がやはり上位表示されやすくなります。

文字数は多ければ多い程良いの?

無尽蔵に増やしても効果は薄い

ただし、文字数は多いほうが良いからといって、狙ったキーワードと関係ない文章を沢山入れても意味はありません。むしろ記事タイトルと文章に乖離が生じてくるので逆に上位表示しづらくなる可能性が高くなります。

例えば記事タイトルで「りんご 切り方」というキーワードを狙ったにも関わらず、文章の八割が「りんごの育て方」についてだったら不自然ですよね(笑)

このような記事を書いても上位表示出来ないので注意です。

キーワードに則した文字数

重要なのは「キーワードに則した文字数かどうか」です。つまり、キーワードによって文字数は変化するので、そもそも文字数の目安というものは存在しません。

ただし、「そのキーワードで検索した人が満足する情報」を意識すると500文字は余裕で超えます。

また、アドセンスブログ実践者の中で「最低1000文字」というのは常識であり、よほどライバルがいない穴場キーワードでない限り、需要があるジャンルで1000文字以下の記事が検索結果1ページ目にランクインしているケースはほぼありません。

よって、あくまで1000文字は最低ラインで、キーワードによって必要であれば文字数をプラスしていくという形が一番ベストというわけですね。

最後に

以上、アドセンスブログで稼ぐために必要な1記事あたりの文字数についての解説でした。「訪問者が満足する情報は何か?」これを常に意識すると自然と1000文字を超えるようになりますので是非参考にされて下さい。

コメントはコチラから-(≧∀≦*)

*

Return Top