Blog×アフィリエイト

【最大化】アドセンス広告のクリック率を上げる方法

動画講義はこちら

この記事では、アドセンス広告のクリック率を最大化させる方法について解説しています。「限られた広告枠をいかにクリックされやすく表示させるか」を意識して収益UPを図っていきましょう。

アドセンス広告は3つしか表示できない

アドセンス広告は表示枠数が決まっており、基本時には1ページにつき3つまでしか表示させることができません。

一部、プレミアムアカウントといって、アドセンスの報酬が月間50〜100万円を超えると担当者が付き4つ以上貼ることが可能になるケースがありますが、このような特別な例を除いて3つまでと決まっています。

よって、「限られた3つをいかにクリックされやすく表示させるか」が重要になります。

意識するべき2つのポイント

クリック率は以下の2点を工夫することで最大化させることが可能になります。

  • 広告の設置場所
  • 広告のサイズ

それぞれ詳しく見ていきましょう。

広告の設置場所

広告の設置場所は記事中がベストです。下の画像はそのイメージです。
スクリーンショット 2016-08-03 8.05.05このようにブログのヘッダーやサイドバーではなく、記事中に3つ全て設置することでクリック率は確実に上がります

理由は、スマホユーザーがWEBサイトを観覧する際、サイドバーのコンテンツは記事を読み終わった後に表示されるので、スマホユーザーがそこに辿り着くまでにページを閉じられる可能性が高いからです。

またヘッダーにおいてはテンプレートによってはスマホユーザーには表示されない、あるいは表示されたとしてもスマホ画面のファーストビューいっぱいに表示されるのでそもそもアドセンスの規約違反になる可能性が出てきます。

しかし、記事中に3つ設置すればスマホユーザーは必ず広告を見ますし、PCユーザーもそれは同じです。このように、スマホとPCユーザー両方に合わせた配置を行うことで確実にクリック率は上がります。

広告のサイズ(大きさ)

広告のサイズは多きければ大きい程クリックされやすいです。

ただし、広告は記事中に貼るわけですから、コンテンツ(文章)を邪魔しない上で、且つスマホとPCユーザーに合わせた最適な大きさの広告がベストです。

スクリーンショット 2016-08-03 8.30.29
そしてこの条件を満たしているのがレスポンシブ広告になります。

レスポンシブ広告は、スマホとPCユーザー両方に合わせてサイズが切り替わる広告です。よって、コードを貼り付ければ後はユーザーに合わせて自動で大きさを切り替えてくれます。
スクリーンショット 2016-08-03 8.34.24
また、コード中の「Auto」を「rectangle」に変更することでPCユーザーには以下のように表示されます。

スクリーンショット 2016-08-03 9.08.15

このように横いっぱいに長方形で表示されるので、PCユーザーからのクリック率を上げることが出来ます。もちろん、スマホユーザーには正方形に切り替わるので両方のユーザーに対して広告を目立たせることが可能になります。

通常、アドセンスコードの改ざんは規約違反になりますが、この箇所に関しては変更が認められてますのでご心配なさらず。

最後に

以上、アドセンスのクリック率を最大化させる方法についての解説でした。クリック率が上がればページビューが変わらなくても収益は上がります。とくにアドセンスブログ開始したてのPVが少ない時期は今回のポイントを是非意識されて下さい。

コメントはコチラから-(≧∀≦*)

*

Return Top