Blog×アフィリエイト

特化型ブログとは?ネタ(ジャンル)のリサーチ方法について

動画講義はこちら

この記事では、特化型ブログ戦略について解説しています。Googleアドセンスで稼ぐ場合はどんなネタ、ジャンルを狙えばいいのか是非参考にされて下さい。

特化型ブログとは

特定のジャンルだけを扱う専門的なブログ

芸能人、スポーツ、テーマパーク、テレビ番組、ゲーム、イベント、季節ワード(花粉症、成人式、台風)など、需要があるジャンルは他にも色々ありますが、その中から特定のジャンルだけに絞って情報を扱うブログを特化型ブログといいます。

なぜ特化型ブログを作るのか

専門性の高いブログは上位表示されやすい

アドセンスブログで稼ぐために必要な1記事あたりの文字数」でもお話ししていますが、Googleは専門性の高いコンテンツを評価するアルゴリズムがあります。

例えば、ある人が「りんご」と検索した時に、

  1. りんごだけの情報を扱っているブログ
  2. りんご以外にも色んな食べ物の情報を扱っているブログ

この2つが存在した場合、前者の方が上位表示されやすいというわけです。なぜなら、1の方がキーワードに対して専門的なブログなので、「その人の悩みを解決する可能性が高い」とGoogleが判断しているからです。

よって、「このジャンルは稼げそうだな」ということが分かれば、そのジャンル専門の特化型ブログを作った方がアクセスを集めやすいので、その結果稼げる可能性が高くなるというわけですね。

訪問者の滞在時間、平均PVが上がりやすい

スクリーンショット 2016-08-03 11.54.20

また、色々なジャンルを扱うブログよりも特化型ブログの方が、

  • 訪問者の滞在時間
  • 1人あたりの平均PV

この2つの数値が高くなりやすい傾向があり、この数値が高いことによってGoogleからペナルティを受ける可能性が低くなります。

ペナルティを受ける可能性が低い=長期的にアクセスを集め稼いでいけるというわけですね。

ジャンル選びを間違えると致命的

需要があるかをしっかりとリサーチしよう

特化型ブログはジャンル選びを間違えると全く稼ぐことができません。なぜなら、誰も興味が無いジャンルの特化型ブログを立ち上げてもアクセスは集まらないからです。

「このジャンルはどれぐらい需要があるのか?」ということをまず最初に調べて、その上で「これならいけそうだな!」と判断してから特化型ブログを立ち上げるようにしましょう。

キーワードプランナーを使おう

kari↑「キーワードプランナー」を使って検索ボリュームを調べた例。

ジャンルの需要を調べる際、「キーワードプランナー」というツールを使うと目に見える数値でどのぐらい需要があるかが分かります。使い方については、「キーワードプランナーで検索ボリュームをチェック」を参考にされて下さい。

最低でも検索ボリューム月間10万回以上を狙おう

例えば、EXILEについての特化型ブログを立ち上げようか調べる場合、キーワードプランナーで「EXILE」のボリュームを測ります。

スクリーンショット 2016-08-03 12.37.20↑EXILEは月間検索ボリュームが平均約35万回で、十分に月収10万円を狙っていける数値です。

この時、最低でも月間検索ボリュームが10万以上あるキーワードでないと厳しいです。それ以下であればそのジャンルで特化型ブログを立ち上げるのはオススメしません。

なぜなら、「月間ボリューム=上限」ですので、例えば月間ボリューム5万回のキーワードを狙った場合、どれだけ頑張っても月間5万以上のアクセスを集めることは出来ません。

アドセンスアフィリエイトの全体像」でも解説していますが、アドセンスブログで月収10万円を稼ぐ為には月間約30〜50万アクセスが必要になります。

しかし、月間ボリューム5万回のキーワードであれば、どれだけ頑張っても月数千〜数万円しか稼げませんので、労力に見合った金額が稼げず効率が良くないからです。

それを理解した上で敢えてライバルが少ないジャンルでいくつも特化型ブログを作って手堅く稼いでいくのはアリですが、その場合1人では時間が掛かるので外注化を取り入れることをオススメします。
→参考:ブログ×外注化の基礎

最後に

以上、Googleアドセンスで稼ぐ際の特化型ブログ戦略についての解説でした。特化型ブログは本当にジャンル選びが肝なので、キーワードプランナーでチェックを行いしっかりと戦略を練っていきましょう。

コメントはコチラから-(≧∀≦*)

*

Return Top