YouTube×アフィリエイト

YouTubeで再生回数を伸ばす方法4つ【基礎偏】

動画講義はこちら

再生時間の目安

一分前後が目安

動画の再生時間は1分前後が目安で、長くても3分程度が望ましいです。

というのも、よほどの人気YouTuberや芸能人の動画でない限り、10分以上の長い動画は最初から最後まで観てもらえません。

であれば、10分の動画を3〜4本に分けて作成した方が、その分それぞれ別のキーワードを狙えるので効率が良いです。

動画のタイトル

サジェストキーワードを入れる

サジェストキーワードとは、YouTubeの検索窓にキーワードを入れた時に後ろに表示されるキーワードのことです。

実際に検索されているキーワードがサジェストに表示されているので、このキーワードを動画のタイトルに入れることによってその動画が検索にヒットするようになります。

サムネイル

目を引くサムネイル

動画のタイトルと同じぐらい重要なのがこのサムネイル画像です。

サムネ画像をインパクトあるものに設定することで視聴者の目に付きやすくなり「お、これは面白そう」とクリックして貰える可能性が上がります。

ただし、動画の内容と関係ないサムネ画像を設定するとユーザーからの報告によるペナルティを受けることがありますので注意です。

トレンド要素

トレンド動画は既存のライバルがいない

最近話題になっているネタを動画にするのも有効な手段の一つです。

なぜなら、新しい話題は昔からのライバルがいないので、いち早く情報をキャッチし動画を作ることができれば再生回数が伸びます。

普段テレビを観ている時でも「おっ、このネタイケそうだな」とアンテナを張っておくことが大切です。

最後に

以上、YouTubeで再生回数を伸ばす方法4つ【基礎偏】でした。

他にも応用テクニックはありますが、この基礎4つだけでも月収10万円をクリアすることが可能です。まずは最低限これらをマスターしていきましょう。

コメントはコチラから-(≧∀≦*)

*

Return Top