【データも公開】アドセンス自動広告のおすすめの設定と解除方法2つ

「アドセンス自動広告の設定方法が知りたい」
「たくさん広告が表示されて、ブログの見栄えが気になる・・」
「全部は消したくないんだけど、なんか便利な方法はないかな?」

とお考えではありませんか?

アドセンス自動広告をいざ導入したものの、思っていた以上に広告が多く表示されたり、予想外の場所に広告が表示されて見栄えが悪くなってしまったりと、アドセンス自動広告でお困りの方も意外と多いようです。

そこで今回は以下を解説します。

  • 各フォーマットそれぞれの表示例
  • サイト全体で自動広告のON/OFFを設定する方法
  • 特定の記事で自動広告のON/OFFを設定する方法

ちなみに、以下の記事で僕の設定方法も紹介しているのでよかったらご参考ください。

【収益6万円UP】アドセンス自動広告の1ヶ月の効果+僕の設定方法

ではさっそく内容に入っていきましょう。

アドセンス自動広告の導入方法

アドセンス自動広告の導入がまだお済みでない場合は以下をご参考ください。

アドセンス自動広告には6種類のフォーマットがある

まず、アドセンス自動広告には6つのフォーマットがあります。

まずはこれら6つのフォーマットがそれぞれどのように表示される広告なのかを解説します。

テキスト広告とディスプレイ広告:ON/OFFは要検討

表示はスマホとPC両方

<左 スマホ画面|右 PC画面>

テキスト広告とディスプレイ広告は、スマホとPC両方に表示される広告です。

見た目はバナータイプで、広告のサイズやスタイルはAIが自動で設置します。

表示される場所は、ヘッダーやサイドバーなど、記事の周りに設置されます。

サイトのデザインを崩す可能性がある

この広告は目立つので、サイトのデザインを崩す可能性があります。

ヘッダー下部

<左 スマホ画面|右 PC画面>

ぱんくずリスト下部

<左 スマホ画面|右 PC画面>

サイドバー

<PC画面>

個人的にはそこまで気にならないので設置していますが、ブログのデザインにこだわりがある人にとってON/OFFを検討する必要があるでしょう。

インフィード広告:ONがおすすめ

表示はスマホのみ

<スマホ画面>

インフィード広告は、記事一覧の中に溶け込む形で表示される広告です。

トップページやサイドバーの新着記事一覧、ピックアップ記事一覧などに設置されます。

見た目が自然であまり違和感を感じないので、基本的にはONに設定しておくと良いです。

記事内広告:ONがおすすめ

表示はスマホとPC両方

<左 スマホ画面|右 PC画面>

記事内広告は、名前の通り記事中に設置される広告です。

目立つ広告ですが、AIが間隔を適度に空けて表示してくれるため、あまりうっとおしく感じません。

収益性は最も高い

この画像は、直近一週間(2019/01/19〜25)のアドセンス自動広告のデータですが、ご覧の通り記事内広告からの収益が最も高いです。

そのため、収益を上げたい方にとっては優先して導入すべき広告と言えるでしょう。

関連コンテンツ:ONがおすすめ

表示はスマホのみ

<スマホ画面>

関連コンテンツは、フッター付近に表示される広告です。

自分のサイトの記事をいくつかピックアップしてくれ、その中に広告が馴染む形で表示されます。

見た目も自然なので基本的にはONをおすすめします。

アンカー広告:ON/OFFは要検討

表示はスマホのみ

<スマホ画面>

アンカー広告は、スマホで画面をスクロールする際に常時表示される広告です。

この広告が表示されることで、コンテンツの見える範囲がやや狭くなってしまうことと、スクロール中に広告がずっと付いてくるため、人によっては邪魔に感じるでしょう。

そのため、ON/OFFはブログ運営者の方針に合わせて検討されることをおすすめします。

収益性は2番目に高い


ちなみに、僕の特化ブログでは記事内広告に次いでアンカー広告が2番目に収益を上げています。

アンカー広告はユーザビリティを少々下げるものの、自動広告の中では収益性が高い広告です。

モバイル全画面広告:ON/OFFは要検討

表示はスマホのみ

<スマホ画面>

モバイル全画面広告は、サイト内でページを切り替える際にスマホの画面全体に表示される広告です。

個人的には、6つのフォーマットのうち最も邪魔に感じる広告です。なのではじめからOFFにしました。(笑)

ブログの読者が嫌がる可能性が高いため、個人的にはおすすめしませんが、実際に試してデータをとってみるのも良いですね。

アドセンス自動広告の数を調整するための設定方法2つ

この項目では、次の2パターンの設定方法をご紹介します。

  1. サイト全体で自動広告のON/OFFを設定する方法
  2. 特定の記事で自動広告のON/OFFを設定する方法

それぞれ見ていきましょう。

サイト全体で自動広告のON/OFFを設定する方法

各フォーマットのON/OFFをサイト全体に反映させたい方は以下の方法をご参考ください。

まずはアドセンス公式サイトにログインしましょう。

左サイドメニューの「広告」をクリック。

画面右側の「新しいURLグループ」をクリック。

自動広告の数を調整したいブログのURLにチェックを入れて、「次へ」をクリック。

配信したいフォーマットはON、停止したいフォーマットはOFFに設定しましょう。

「次へ」をクリック。

URLグループ名を決めます。(例:yuuブログ全体設定)

「保存」をクリックすると設定が完了です。

なお、設定はすぐには反映されません。最低でも20分待ってみましょう。・

再度サイト全体の自動広告を設定する際はこちらをクリックすると設定画面に移ります。

特定の記事で自動広告のON/OFFを設定する方法

  • ブログ運営者のプロフィール記事
  • アフィリエイト専用の記事
  • LP記事

上記のように、特定の記事のみアドセンス自動広告を非表示にしたい方は以下の方法をご参考ください。

まずはアドセンス公式サイトにログインしましょう。

左サイドバーの「広告」をクリック。

「新しいURLグループ」をクリック。

「URLを追加」をクリック。

「新しいURL」の欄にアドセンス自動広告を表示したくない記事のURLを入力したら、「追加」をクリックしましょう。

追加したURLにチェックを入れます。

「次へ」をクリック。

全てのフォーマットを非表示にしたい場合は全てOFFにします。

「次へ」をクリック。

URLグループ名を決めます。(例:広告OFFページ)

「保存」をクリックすると設定完了です。

なお、設定はすぐには反映されません。最低でも20分待ってみましょう。・

再度設定を変更したい場合はこちらをクリックすると設定画面に移ります。

まとめ

アドセンス自動広告は便利な反面、ブログのデザインが気になる人や、アドセンス広告を非表示にしたいページがある人にとっては細かな調整が必要です。

目的に合わせてアドセンス自動広告の設定を行い収益を最大化させていきましょう。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。