コピーライティング「3つのONE」解説

3つのONEとは

  • ワンメッセージ
  • ワンマーケット
  • ワンアウトカム

これらがコピーライティングにおける3つのoneと呼ばれています。

この3つを意識することで4つのnotの「not read」の壁を越えやすくなり、目的である購入リンクなり登録URLなりに読者が到達する可能性を高めることができます。

参考:セールスレターで「4つのNOT」を超える方法

ワンメッセージ

一つのメッセージだけ伝えるいうことです。

なぜなら、複雑な文章を書いてしまうと読者は混乱するからです。

少しでも”?”がついてしまうと、
その後を読み進めることを止め離脱していきます。

結果として、”NO”になってしまうんですね。

ですので、シンプルかつ単純な文章にするため、一つの文章では一貫して、一つのメッセージを伝える。

これを心がけましょう。

また、オファーをする際も同じです。

一つの文章で、2つも3つもオファーを出すのではなく、
一つの文章で一つのオファーを出しましょう。

ワンマーケット

一つの市場に絞るということです。

例えば、「アフィリエイトで稼ごう!」と情報発信をしているのに、
ダイエット教材やナンパ教材を販売してもあまり効果を得られません。

このように一つの市場に特化しないことで、
反応が低くなったり、全く反応が取れなくなります。

そのため、市場は一つに絞っていきましょう。

ワンアウトカム

出口を一つに絞るということです。

例えば、セールスレターの出口を「購入ボタン」に設定したのであれば、それ以外の出口は設置しません。

「私のプロフィールはこちら」、「私のこれまでの実績はこちら」といった余計なリンクは入れないようにします。

そうすることで成約率が上がります。

なぜなら、お客様が様々な出口から、別のページヘと行きます。そして帰ってきてくれる保証はないのです。

ですので、出口は一つに絞って、その出口に向かわせるコピーを書く必要があります。

以上が、『3つのONE』についての解説となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。