セールスレターで「4つのNOT」を超える方法

動画講義はこちら

この記事では「4つのNot」とは何なのか、そしてセールスレターで4つのNotをクリアするためにはどういう対策が必要なのか。ということについて解説しています。

4つのNOTとは

  • NOT OPEN
  • NOT READ
  • NOT BELIEVE
  • NOT ACT

これが4つのNOTと言われるものです。1つずつ見ていきましょう。

NOT OPENの壁

「そもそも開いてもらえない」という一番最初の壁になります。

メルマガであれセールスレターであれ、相手の目に止まる事無くスルーされるパターンです。せっかく頑張って書いたとしても、まずこの壁を越えなければ話が進みませんよね。

対策としては、

  • クリックされるような魅力的なタイトル付け
  • 公開する時間帯
  • SEOで上位表示

などなど、まず相手の目に止まることを意識する必要があります。

NOT READの壁

2番目の壁は「読んでもらえない」

例えばセールスレターであれば、開いてもらうことはできたんだけれども、「あ、私には関係ない話なんだな」と感じられてページをすぐ閉じられた。というケースです。

この壁を超えるには、セールスレターのヘッドコピーを改善する必要があります。なぜなら、ページを開いて一番最初に相手の目に入る場所だからです。

相手が一番魅力的に感じるコピーをヘッダーに入れることで、「あ、面白そう」と感じセールスレターを読み進めてくれるようになります。

NOT BELIEVEの壁

三番目は「信じてもらえない」という壁。

「良いことは書いてあるんだけど、なんかうさんくさいな」と感じられてしまうケースです。

この壁を超えるには、しっかりとした根拠やあなたの実績などを目に見える形(画像や動画)で提示する必要があります。

そうすることでこの壁を超えることができます。

NOT ACTの壁

最後の壁は「行動してくれない」

文章は信じてもらえたが、購入ボタンを押してもらえなかった。というケースです。

「何をしたらいいか分からない」
「自分では決めれないので背中を押して欲しい」

といった感情がそうさせているので、前者は「購入はこちら」というテキスト入りのボタンを分かりやすく設置する。後者は最後の一押しを書いてあげることが必要になります。

順番に乗り越えていく

4つのNotは最初から最後まで順番に乗り越えていくものです。どこか一箇所でも欠けていたらアウトです。

成約率を上げるためにもセールスレターを書く際は一箇所一箇所丁寧にチェックを行ないましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。