文章を信用してもらう為のテクニック

動画講義はこちら

この記事では、文章を信用してもらう為のテクニックについて解説しています。基本的に読み手は疑いの目でセールスレターを読みます。どうすればこの壁をクリアできるのかみていきましょう。

Not Believeを攻略

コピーライティングにおいて超えなければならない以下の壁、

  1. not open
  2. not read
  3. not believe
  4. not act

この4つのNotについて前回お話ししました。
→参考:セールスレターで「4つのNOT」を超える方法

そして今回紹介するテクニックは三つ目の壁である
not believe(信じない)を攻略するためのものです。

文章の信頼性を上げる4つのコピーライティングテクニック

基本的に読者は疑いの目を持っています。

たとえばダイエット商品のセールスレターに
「好きなだけ食べても飲むだけで痩せるダイエット飲料」
と書いてあってもまずは「いや、嘘だろww」と疑いますよね。

そこで、セールスを行う際には、書いてあることを読者に信じてもらう必要があります。

セールスレターの内容を信じてもらうテクニックには
以下の4つがあります。

  • 実績の証明
  • 知識の証明
  • 信頼ある第三者の証明
  • 検証による証明

この内1つでもクリアできれば
セールスレターの信頼性はグッと上がります。

実績の証明

画像や動画を使って、目に見える形で実績を証明
することで信頼性が得られます。

知識の証明

商品やノウハウに対する圧倒的な
知識量を見せることで信頼性を証明する。

信頼ある第三者の証明

その分野の有名人から太鼓判、推薦文をいただいて
それを見せることで信頼性を証明する。

あるいは、「○○賞受賞」のような
権威性をアピールできる物でもOK。

検証による証明

いわゆるデモンストレーション。
実際に目の前で実践することで信頼性を証明。

以上の4つのテクニックを駆使すれば、セールスターや
メルマガの内容の信頼性を向上させることができます。

「実績」は必須か

よく、「実績がないとメルマガでは稼げない」
という人がいます。

確かに、実績があったほうが信頼性が上がるので
商品を販売しやすいのは確かです。

しかし、もし実績がなくても
ほかの3つのテクニックを使うことができれば
読者を信頼してもらうことは可能なのです。

実績がない場合であっても他のテクニックを駆使すれば購入されます。

ただし、実績の証明は一番簡単に信頼を得られます。

画像や事実をそのまま載せればいいだけなので、
コピーライティングのスキルが不十分でも十分な効果を
得ることができるからです。

以上文章を信用してもらう為のテクニックでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。