コピーライティングの基礎|OATHの法則

動画講義はこちら

この記事ではOATHの法則について解説しています。この考えを取り入れることで、どのステージに居る人達に対してビジネスを行うと低コストで商品が売れやすいのかが把握できるようになります。

OATHの法則とは

OATHの法則とは、見込み客の問題意識を4段階に分けて考える理論です。

OATHはそれぞれ

  • Oblivious(無知)
  • Apathetic(無関心)
  • Thinking(考え中)
  • Hurting(困っている)

これら4つの単語から来ています。

では、それぞれの段階がどういうことなのかを見ていきましょう。

Oblivious(無知)

OATHのOの段階は、無知の段階です。

問題があるということにお客さんが気づいていない状態です。

例えば肥満の人であれば、自分が太っていることにまだ気付いていない状態。

このステージの人に対して商品を売る場合、
まず問題に気づいてもらうところから始めなければいけないので
労力・コストが大きいです。

Apathetic(無関心)

OATHのAの段階は、無関心の段階です。

問題があることは分かっているけど、それを解決する必要はないと思っている状態です。

「体重が5kg増えて洋服がキツくなってきたな」と問題を認識しているけれども、「ま、いっか」と寝転がってポテチを食べている状態。

Thinking(考え中)

OATHのTの段階は、考え中の段階です。

問題意識が芽生えていて、問題解決の必要性を感じています。

自分が太っている問題に気づいていて、
それを解決する意思もあり、解決策を模索しているのがThinkingです。

Hurting(困っている)

OATHのHの段階は、困っている段階です。

太っているという問題に苦しんでいて、一刻も早くなんとかしなければと思っています。

あなたが肥満を解決する商品を売りたい場合、
見せるだけで売れてしまうのでこの層の人を対象にするのは効率的です。

OATHの法則ポイント

以上が、OATHの法則です。

まず前提として、無知や無関心の人であっても、問題意識を啓発していくことによって考え中・困っている段階に持っていくことができます。

ですが、無知・無関心の段階にいる人はやはり問題解決の意識が低く、こうした人たち相手に商売をしようと思ってもなかなか難しいということです。

それよりも、最初から問題解決に向けて前向きである、考え中・困っている段階にいる人を相手にしたほうが、商売ははるかにやりやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。