マズローの欲求5段階説をコピーライティングに活かす方法

動画講義はこちら

この記事では、マズローの欲求5段階説について解説しています。動画講義ではこの説をコピーライティングに活かす方法をお話ししていますので併せてご覧になられて下さい。

マズローの欲求5段階説とは

マズローの欲求5段階説とは、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が充たされると、より高次の階層の欲求を欲するというものです。

この説における欲求はピラミッド型で表されます。

maslow

このように最下層である『生理的欲求』が満たされたら、
次は『安全欲求』へと移り変わってきます。

では、これらを踏まえた上で、
一つずつ見ていきましょう。

生理的欲求

生きていくための基本的な欲求のことを言います。

食べたい、寝たい、生きたいなどの欲求です。

生理的欲求が満たされていない人をターゲットにビジネスをすることで、
ほとんど確実に成約に繋げることが出来ます。

何日も飲まず食わずの人に対して、
食べ物を売ったら確実に売れますよね。

ですが、日本人でこの欲求を
満たされていない人は、圧倒的に少ないのです。

なぜなら、日本人はほとんどの人が
生理的欲求を満たされていますよね。

何日も飲まず食わずに人は、圧倒的に少数派なのです。

そのため、日本においてこの人達をターゲットとしてビジネスをすることは、稼ぐ可能性が低くなるのです。

安全欲求

生理的欲求が充たされれば、
次に『安全欲求』を求めるようになります。

『安全欲求』は、安全・安心な暮らしがしたいという欲求です。

健康的に暮らしたいとか、
快適な空間で暮らしたいという欲です。

家が古くなり、雨漏りがするようになったため、
新しい家を求めるようになるでしょう。

これが安全欲求です。

社会的欲求

『親和欲求』とも呼ばれます。

集団に属したり、仲間が欲しくなったりする欲求のことです。

学校で一人ぼっちは嫌だと感じるもの『社会的欲求』からです。

この欲は人であれば自然なものであって、
ネットビジネスでもよく突かれる部分です。

海外マーケターのジェフ・ジョンソンも、
仲間を募る企画をして、億単位を稼いだこともあります。

このように、人は集団に属したいと思っている生き物となります。

尊厳欲求

『尊厳欲求』とは、他者から認められたい、尊敬されたいという欲求です。

集団に属したら、良く見られたいと思ったことがあるでしょう。

ネットビジネスである企画のコミュニティに属していても、
その中で自分が最も主催者に近づきたいとか。

そういうものを『尊厳欲求』と言います。

自己実現欲求

『自己実現欲求』は、成長したいと思う欲求です。

今の自分の能力を引き出し、新たなことに挑戦したいなど。

例えば、月収10万円稼いだら、その稼ぎを維持させたい。

こうではなくて自己実現欲求が高い人とは、

さらに月収100万円、1000万円稼ぎたいと思っているのです。

真に自分を高めたいと思っている人は、
少ないように感じます。

以上がマズローの5段階欲求の解説となります。

自分のお客様がどのように考え、悩んでいるのかを知ることが、
成約の取れるマーケティングの肝となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。