コピーライティングにおける3D理論

動画講義はこちら

この記事では、コピーライティングにおける3D理論について動画で解説しています。これを意識することで読者に文章をより印象づけることが可能になります。

3D理論とは

コピーライティングにおける3D理論とは

「読者が具体的にイメージが浮かぶ言葉を使っていく」

ということです。

例えば

  • 「このサプリメントにはビタミンが豊富に含まれています」
  • 「このサプリメントにはレモン50個分のビタミンが含まれています」

と言われた場合、後者の方が具体的にイメージしやすいわけです。

読者にとって具体的にイメージしやすい言葉というのは読者にとって印象に残りやすいです。

このように絵や情景が浮かぶような言葉(以下3Dワード)を使うことで読者に対して深く印象づけることが可能なのです。

文章を3D化するためのテクニック

以下の4つの方法があります。

  1. リライト
  2. 例を使う
  3. 画像を使う
  4. 感情的な言葉を使う

リライト

同じ意味の文章を違う表現を用いて何度も繰り返すことをリライトといいます。重要な文章をリライトすることで読者がその文章に対するイメージがつきやすくなるとともに、反復されることにより記憶に刷り込まれます。

例を使う

人間は抽象的な言葉はなかなかイメージがしづらいものです。そこで文章を書く際にはイメージのしづらい文章は例をあげて具体化してあげること必要があります。

画像を使う

絵や情景をイメージさせるための直接的な方法ですが、効果的です。

感情的な言葉を使う

ある文章をより感情的な表現に置き換えることです。

「温度の高いおでん」⇒「アツアツほくほくのおでん」の方がより具体的にイメージしやすいです。このように表現を感情的にするだけで文章を3D化できます。

より深い印象を

コピーライティングスキルを磨き、読者が具体的にイメージできるような文章(3Dワード)を使うことで深い印象を与えることができます。

そしてセールスレターを書く際、深い印象を与えることができれば商品の成約率が上がります。このようなロジックを把握すれば「文章を3D化することの重要性」がきっと理解できるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。