コピーライティングにおける「GDTの法則」の意味と使い方

動画講義はこちら

この記事では、GDTの法則について解説しています。人はどいうったコピーに一番反応しやすいのか、そしてなぜ反応してしまうのか、それを理解してコピーの精度を高めていきましょう。

GDTの法則とは

GDTの法則とは人間の欲望に訴求し感情を大きく動かすテクニックです。

  • Goals:目標(3つ)
  • Desires:願望(3つ)
  • Teasers:本性(3つ)

人間の欲望は上記のように合計9つあります。

G(目標)

まずは3つの目標です。

  1. 時間:時間をかけたくない
  2. お金:お金がたくさん欲しい
  3. 努力:努力したくない

人は基本的に一つのことに時間をかけたくないし、お金もたくさん欲しい、
そして1ミリたりとも努力をしたくないのです。

よって上記3つの目標を刺激するような言葉を使うことで
反応が良いセールスレターを書くことができます。

D(願望)

次は3つの願望です。

何か行動するときの動機のことです。

  1. 貪欲:富、名声、名誉が欲しい
  2. 色欲:モテたい、綺麗になりたい、性欲
  3. 快適:悩みや苦痛から逃れたい

この3つの願望は誰しも持っています。

誰もが富を得て名声を欲し、周りからちやほやされて欲望に身を任せ、
苦痛が存在しない世界を望んでいます。

貪欲、色欲、快適を刺激するコピーを書くことで、
より興味を持ってもらえるので、反応もかなり高くなります。

T(本性)

最後が本性です。

  1. 興味:もっと知りたい、好奇心
  2. 物議:反社会性、常識を覆す
  3. 希少:レア、限定のもの

バーゲンなどで特に欲しくなかったのに、『数量限定残り3つ』と
目の前で言われたらついつい買ってしまいますよね。

上記3つの本性を刺激すれば、かなり高い反応を得られます。

GDTのレベル

GDTの法則には、効果の強さレベルがあります。

  • G(時間・お金・努力):弱レベル
  • D(貪欲・色欲・快適):中レベル
  • T(興味・物議・希少):強レベル

上記のようにGの効果が一番低く、次がDで、一番効果が強いのがTになります。

Tが一番感情を刺激することができます。

基本的にセールスレターやコピーを書くときは、GDT全てを入れた方が
反応は高くなります。

しかし、無理に全部入れることによって伝えたいことがバラけたり、
不自然になるようなら、入れない方が無難です。

あくまで読みやすく、違和感のないような文章にしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。