外注とのコミュニケーションテクニック

動画講義はこちら

この記事では、外注さんとのコミュニケーションを行うなかで絶対に外せないポイントについて解説しています。外注さんとの関係を良好に保つことで、トラブル無く仕スムーズに仕事を進めることが可能になります。

しっかりと褒める

外注さんとのやり取りをスムーズに行っていくコツとして、「外注さんを褒めてあげる」ということがとても重要になってきます。

褒めることで外注さんもモチベーションが上がりますし、その結果、納品されるコンテンツの質に影響してきます。

つまり、外注さんの力を上手く引き出せるかどうかはあなた次第なのです。

最初から100%満足のいく記事は出来上がらない

というのも、いくら最初にこちらの要望を事細かに伝えたとしても、初めから100%満足にいく記事は出来上がらない場合が多いです。

それはお互い人間なので、100%意思疎通を行うにはやはりそれなりの時間が必要だからです。

よって、とくに最初の納品の際は「ここはこういう意味で伝えたつもりだったんだけどなー」ということが起こります。

修正をお願いする際もまず褒める

しかしここで、頭ごなしに相手を責めてもお互いプラスにはなりません。外注さんのモチベーションが下がり、その結果記事のクオリティが下がる場合の方が多いです。

ですので、まずは褒める部分をしっかりと褒めて、その上で「ここは修正をして頂けませんか?」とお願いすると外注さんも快く引き受けてくれ、クオリティの向上に繋がります。

ただし、距離が近くなり過ぎないように

しかし、ある程度のコミュニケーションは必要ではあるものの、あまり仲良くなり過ぎると逆に仕事がなぁなぁになってしまう場合があるので注意が必要です。

あくまである程度の距離感を保ちつつ、お互いプラスになるような関係を構築していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。