ダイレクト・レスポンス・マーケティングの仕組みとメルマガでの使い方

解説動画はこちら

この記事では、効率よく爆発的な金額を叩き出すことが出来る「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」の仕組みと、この手法をメルマガで応用する方法について解説しています。

ダイレクトレスポンスマーケティングとは

ダイレクトレスポンスマーケティングとは、反応をくれた見込み客だけに絞ってセールスを行う手法です。

例えばテレビCMは興味がある人、無い人に関わらず
不特定多数に対して販売を行います。
これをマスマーケティングと呼びます。

それに対してダイレクトレスポンスマーケティングでは、
商品に興味を示してくれた人だけに対して販売を行います。

ダイレクトレスポンスマーケティングのメリット

ダイレクトレスポンスマーケティングのメリットは3つあります。

  • 商品に興味がある人にだけ販売を行えるので効率が良い
  • マーケティングを柔軟に変えられるため高い成約率になる
  • 双方向のやり取りを通して、信頼関係を気づける

それぞれについて詳しくは動画内で解説していますので
ここでは割愛させて頂きます。

端的に言えば「自分を信頼してくれている人に対して、その人が今まさにほしいものをズバっと提案できる」ということです。

ダイレクトレスポンスマーケティングの流れ

ダイレクトレスポンスマーケティングの流れは以下の3ステップになります。

  • ステップ1:集客
  • ステップ2:教育
  • ステップ3:販売

このようにダイレクトレスポンスマーケティングでは
集めたお客さんにいきなり売り込むことはしません。

集客と販売の間に”教育”というステップをはさむのです。

例えばこのダイレクトレスポンスマーケティングをメルマガで行う際、以下のようになます。

集客

集客のフェーズでは以下を行います。

  • ランディングページを作成
  • ランディングページにアクセスを流す

ランディングページとは、メルマガ登録フォームを設置したページです。まずはこれを作成し、そこに対してブログやSNSからアクセスを流してメルマガ読者登録を促します。(ちなみにメルマガの読者のことは「リスト」と呼びます)

この際、登録者へのプレゼントを用意すると登録率が上がります。

教育

このフェーズでは、メルマガ登録者に対して

  • 自分との信頼関係を築く
  • 後に販売する商品の購入意欲を高めてもらう

この二つを目的とし、文章はもちろんのこと、動画やPDF等を用いてメールマガジンを発行していきます。

販売

セールスページのURLを載せたメールを送信し、販売を行ないます。

このようにダイレクトレスポンスマーケティングは爆発的な金額を叩きだせる手法であるにも関わらず、仕組みは非常にシンプルです。

使いこなせればサラリーマンの年収を一瞬で稼ぎ出すことが如何に簡単か、肌で分かるようになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。