DRMにおけるマーケティングファネルの考え方


この記事では、マーケティングファネルについて解説しています。この考え方を取り入れることで、あなたとお客様との距離感が分かり、どの人に対してどういった物を提供していくと良いのかが分かります。

マーケティングファネルとは

ファネルとは漏斗(ろうと)です。理科の実験でよく使われていますね。

この漏斗の目的は、混合物から不純物を取り除いて純度の高い液体を精製することでした。例えば砂が混ざった水を漏斗でろ過すると、砂が取り除かれて綺麗な水が出てきましたね。

マーケティングファネルの目的も全く同じです。

あなたのビジネスにとって純度が高い(=濃い)人というのはあなたの価値観に共感したり、あなたの商品に魅力を感じてくれる人のことです。

市場には色んな価値観を持つ人が存在していますが、それをできる限り多くマーケティングファネルに注ぎ込んで、ろ過していき最終的には純度の高い人のみを取り出していくのがネットビジネスの基本です。

マーケティングファネルにおけるろ過=教育です。教育をして純度を高めていくのです。

DRMにおけるマーケティングファネルの考え方

スクリーンショット 2016-07-28 1.05.27

「無料サンプルをプレゼントする代わりにメールアドレスを下さい」、というお願いを受けてくれた人が一番上の赤色に当たります。

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)においては、無料オファーを受けてくれた人を教育しつつ、低額のフロントエンド商品のセールスを行ないます。

フロントエンド商品を購入してくれた人を対象に教育&高額のバックエンド商品を販売していきます。

従って下に行けばいくほど人数が少なくなるのは当然ですよね。緑色の部分は本気であなたについてきてくれている人、純度の高い人しかいないわけですから。

お客様にしっかりと価値を与え続けていけば必ず最後まで付いてきてくれる人が現れますので、常に「お客様は何を求めているか」を考え価値を提供していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。