感情を揺さぶろう!エモーショナル・マーケティング解説

動画講義はこちら

この記事ではエモーショナルマーケティングの意味、そしてこれをWebマーケティングに活かすためには何を学ぶ必要があるのかについて解説しています。

エモーショナルマーケティングとは

エモーショナルマーケティングとは、感情を揺さぶるマーケティングです。

基本的に人は理性1割、感情9割で行動しており、これは購買行動においても当てはまります。

例えば、よれよれのスーツを着たセールスマン、上から下までビシっと決まったセールスマン、どちらが好印象でしょうか。また、仮に両方から同じ商品をセールスされたとして、どちらから買いますか?

この場合、理論的に考えたらどちらから買っても同じですが、感情的な側面で多くの人はビシっと決まったセールスマンから商品を買うわけです。

Webエモーショナルマーケティング

ネットビジネスにおいてエモーショナルマーケティングを仕掛ける場合、文章(テキスト)で感情を揺り動かすというのが基本になってきます。

また、文章と併せて動画や音声コンテンツを作って感情に訴え掛けることも可能です。

エモーショナルマーケティングの肝は共感してもらうことです。

テキスト、動画、音声等を使ってターゲットに共感してもらい、喜怒哀楽をおこしてもらいます。

共感してもらうために

ターゲットに共感してもらうためには以下の3つを意識する必要があります。

  • 自分の言葉を使って書く、話す
  • コピーライティングスキルを学ぶ
  • 心理学を学ぶ

まず自分の言葉を使うということはエモーショナルマーケティングでは大前提です。他人の受け売りでは人の感情は動かせないですし、共感も得られないからです。

そしてネットビジネスにおいては基本的に文章で感情を揺り動かすのでコピーライティングを学ぶ必要があります。

またパソコンの向こうには感情で動く、生の人間がいるわけです。よって人間の感情・心理を理解するために心理学を勉強する必要があります。

是非、商品の販売スキルを上げる為に3つのポイントを意識していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。