初心者にオススメ!日本語対応のブログ向け無料WordPressテーマ5選

「WordPressでブログを始めたいけど、無料でいい感じのテーマ無いかな」
「できれば最初は無料のテーマで始めたいな」
「ついでに、無料テーマのメリット・デメリットとかあれば知っておきたい」

と考えていませんか?

この記事では、WordPress運用暦7年の著者が、おすすめのブログ向けWordPress無料テーマの紹介はもちろん、無料テーマの選び方無料テーマのメリット・デメリットなどをご紹介します。

WordPress初心者でもテーマ変更がスムーズに完了できるように、テーマのダウンロード方法も紹介しています。

この記事がテーマ選びのお役に立てれば幸いです。 それではまいりましょう。

ブログ初心者向け|無料WordPressテーマおすすめ5選

この項目では、ブログ向けの無料WordPressテーマの中から、

  1. 日本語に対応している(国産テーマ)
  2. 基本的な内部SEO対策が施されている
  3. 人気がある(そのテーマを使用している人が多い)

という3つの観点で厳選したものをご紹介します。

どれもおすすめなテーマなので、ぱっと見デザインが気に入ったものを選んでも良いですし、それぞれ実際に使ってみてから気に入ったものを選んでもOKです。

それでは見ていきましょう。

Cocoon/コクーン

項目 内容
用途 ブログ向け
見た目 シンプル
日本語 対応
内部SEO対策 施策済み
サポート 質問フォーラムあり(こちら

有料テーマ並みに多機能な無料WordPressテーマ『Cocoon』。

人気テーマなので利用者が多く、いろんな方が解説記事を書かれています。そのため、基本的な使い方やカスタマイズに関する情報などは、Googleで検索すればたいていの解決策が見つかります。

ググって解決策が見つからなかった場合でも、公式に質問フォーラムが設けられているので安心。

見た目はシンプルながらもカスタマイズは細部まで行えるため、デザインに凝りたい人にとってもおすすめのテーマです。

解説記事→無料WordPressテーマ Cocoonの導入方法|ダウンロード・インストール・有効化までの流れ

LION BLOG/ライオン ブログ

項目 内容
用途 ブログ向け
見た目 おしゃれ
日本語 対応
内部SEO対策 施策済み
サポート バグ報告のみ(こちら

おしゃれで使いやすい無料WordPressテーマ『LION BLOG』。

無料テーマはデザインがシンプルなものが多いですが、LION BLOGはまさにその逆。インストールするだけで華やかなブログになります。

それでいて内部SEOも施されているため、安心して記事作成に集中できますね。

個別サポートは設けられていませんが、利用者が多いテーマなので検索すればある程度のことは解決できます。

Godios/ゴディオス

項目 内容
用途 ブログ向け
見た目 シンプル・おしゃれ
日本語 対応
内部SEO対策 施策済み
サポート 開発者による対応(こちら

シンプル且つおしゃれなWordPress無料テーマ『Godios』。

「あんまり派手な見た目は嫌だけど、ちょっとおしゃれなブログが好み」という人におすすめなテーマです。

開発者によるサポートも設けられており、バグ報告はもちろんテーマの使い方や要望など相談できます。

Luxeritas/ルクセリタス

項目 内容
用途 ブログ向け
見た目 シンプル
日本語 対応
内部SEO対策 施策済み
サポート 「質問」はリリース情報へコメント(こちら

ページの高速表示に特化した無料テーマ『Luxeritas』。


このブログのテーマをLuxeritasに変えて検証したところ、Google Pagespeed Insightsでのスコアはパソコン・スマホともに99に改善されました。

この記事で紹介しているテーマはどれも表示速度は早いですが、Luxeritasは頭一つ抜き出ている印象です。

見た目もシンプルなテーマなので、ごちゃごちゃしたブログが苦手という方におすすめなテーマです。

Emanon Free/エマノン フリー

項目 内容
用途 ブログ向け
見た目 シンプル
日本語 対応
内部SEO対策 施策済み
サポート なし

綺麗かつシンプルなWordPressテーマ『Emanon Free』。

ちなみにこのブログはEmanonの有料版を使用しています(2019年4月現在)。

EmanonFreeは有料版と比較すると機能が大幅に制限されますが、ブログを運用するための最低限の機能は揃っているためブログ初心者におすすめです。

最初は無料版を使いつつ、徐々に収益が発生してから有料版に切り替えるのもいいですね。

無料WordPressテーマのメリット・デメリット

ここまでは無料のWordPressテーマをご紹介してきましたが、WordPressテーマには有料のものもあります。というわけで、無料テーマは有料テーマと比較するとどんなメリット・デメリットがあるのか見ていきます。

無料テーマのデメリット3つ

無料テーマのデメリットは次の3つです。

  1. サポートが無い場合が多い
  2. 機能が少ない
  3. シンプルなデザインが多い

それぞれ見ていきましょう。

サポートが無い場合が多い

有料のWordPressテーマとは違い、無料のテーマにはサポートが基本的に設けられていません。そのため、何かテーマに不具合が起きた際は自分でネット検索をして解決する必要があります。

また有料テーマには取り扱いを解説している専用サイトが公式設けられていることも多く、無料テーマにはこれが基本的にないため、使い方やカスタマイズなども自分で調べることになります。

ウィジェットが充実していない

無料のテーマは有料のテーマよりもウィジェット数が少ない場合が殆どです。以下の例を比較してみましょう。

例:有料テーマのウィジェット

例:有料テーマのウィジェット

例:無料テーマのウィジェット

例:無料テーマのウィジェット

このように一目瞭然で有料テーマの方がウィジェットが多いのが分かりますね。

ウィジェットが多いメリットとしては例えば以下が挙げられます。

  • 記事の上下に広告を設置できる
  • 記事の中間に広告を設置できる
  • 表示させる広告をスマホとPCで別のものに切り替えられる

ウィッジェットが少ない場合はこれらを手動で設定する必要があり、テンプレートを自分でカスタマイズするなど手間が発生します。

シンプルなデザインが多い

無料のテーマはシンプルなデザインのものが多いため、他のブログと見た目が似たり寄ったりになりがちです。

自分でカスタマイズできれば見た目も差別化できますが、初心者にとっては少々ハードルが高いですね。

もっとも、僕のようにあまりデザインにこだわりが無い方も多いので、これがデメリットかそうでないかはその人によりますね。

無料テーマのメリット2つ

無料テーマのメリットは以下の2つです。

  1. お金がかからない
  2. 自分で調べる癖が身につく

それぞれ見ていきましょう。

お金がかからない

無料テーマの最大のメリットはやはりお金をかけずに手に入ることです。

「有料テーマを買ってみたものの、実際使ってみるとイマイチだった。。」なんてこともあるので、その心配が無いのは大きなメリットです。

しかも最近の無料テーマはクオリティが高いので、先ほど紹介したデメリットの部分が気にならない方は無料テーマで始めても全然良いですね。

自分で調べる癖が身につく

無料テーマを使うなかで何か困ったことが起きた場合、自分でGoogleで調べながら解決するのが基本となります。

理由は先ほど紹介しましたが、無料テーマは基本的にサポートが設けられておらず、機能も限られているため、細かなカスタマイズなど自分で行う必要があるからです。

しかし、問題を1つ1つ解決していくうちに、Googleで検索する癖が自然と身についてきます。昔と比べて今は役立つ情報がネット上たくさんあるため、人に聞くよりも自分で調べた方が早く問題が解決することが実は多いです。

分かりやすい例でいえば”ブログで稼ぐ方法”だってネット上に沢山落ちている時代です。ぜひ、最初は慣れないかもしれませんが徐々に調べる癖も身につけていくことをおすすめします。

初心者向け|無料WordPressテーマの選び方

ブログ初心者が無料テーマを選ぶ際に気をつけておきたいポイントを3つご紹介します。

  1. テーマの使用ユーザーが多い
  2. 日本語に対応している
  3. 基本的な内部SEO施策がされている

それぞれ見ていきましょう。

テーマの使用ユーザーが多い

なるべく多くの人が使っているテーマを使用しましょう。

理由は、使っている人が多いテーマほど、そのテーマのカスタマイズ方法や不具合が起こった際の対処法などの役立つ情報がネット上にアップされているからです。

そういった情報が多いほど何か問題が起こった時に早く解決することができますよね。逆に人気の無いテーマを使ってしまうと、トラブルの解決法が全くネット上に無いのでなかなか前に進めなくなります。

「(テーマの名前) 評判」「(テーマの名前) カスタマイズ」などのキーワードで検索してみて、そのテーマに関する記事が多ければ使用ユーザーも多いと判断できます。

日本製のテーマ

日本製のテーマを選びましょう。

海外製のテーマは、日本語のWordPressプラグインが正常に機能しなかったり、何かトラブルが起こった際は英語で調べる必要があります。

このように海外製のテーマは問題解決に時間が掛かるため、とくに初めてブログを運用する方には日本製のテーマをおすすめします。

基本的な内部SEO対策がされている

内部SEO対策されているテーマとは、簡単に言えば”あなたが書いた記事が検索エンジンで上位表示されやすくなるように施策されているテーマ”です。

具体的な例は以下が挙げられます。

  • HTML5チェックエラーなし
  • ページの表示速度が早い
  • モバイルフレンドリー
  • 構造化マークアップ済み&エラーなし
  • アウトラインの最適化
  • レスポンシブデザイン

ただし、これらが完璧でなくても質の高い記事を書けば上位表示されますので、そこまで神経質にチェックする必要は無いと個人的には考えています。

そのため、公式サイトに”内部施策済み”と書かれていればとりあえずOKぐらいの認識で良いでしょう。

まとめ

おすすめのWordPress無料テーマについてご紹介しました。

無料テーマは種類がたくさんありますが、なるべくスムーズにブログ運用できるものを選びたいですね。

本記事の内容が参考になれば幸いです。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。