wordpressのテキストエディタにボタンを簡単追加できるプラグインを紹介!

解説動画はこちら

今回は、テキストエディタにボタンを追加できるプラグイン、
「AddQuicktag」についての解説です。

これを使えば記事作成の時間を大幅に短縮できます。

設定も簡単ですので是非導入されてみてください。

AddQuicktagってどんなプラグイン?

koresikaこちらはお馴染みの記事投稿画面ですが、初期状態ではこのように装飾ボタンが限られています。

huyaiですが、AddQuicktagを使えばこのように何個もボタンを増やすことができます。

・文字を赤くするコード
・太文字にするコード
・「お問い合せはこちら」等のよく使う定形文
etc..

などなど。
他にも好きなボタンを自由に作れます。

ですので、長ーいタグのような入力が面倒くさいものでも、
AddQuicktagに登録すればボタン一発で呼び出せるので便利ですね。

それではさっそく設定をしていきましょう。

AddQuicktagの設定方法

まずはAddQuicktagを有効化しておきます。
プラグインの有効化手順はこちら

adkiサイドメニューから「設定」→「AddQuicktag」をクリック。

4細かい設定も可能ですが、基本的にはこの4箇所を設定するだけでOKです。

ボタンを一つ作ってみよう

今回は例として、文字を赤くするボタンの作成方法を紹介します。

konnitiha「こんにちは!」という文字を赤くする場合は↑のようにタグを入力する必要があり、毎回これを手動でやるとかなり面倒ですよね。

ですので、このタグをAddQuicktagに登録してボタン一発で呼びだせるようにしてみましょう。

ck AddQuicktagの管理画面に入り、それぞれ以下のように入力。

◯ラベル名:好きな文字を入力
◯開始タグ:<span style=”color: #ff0000;”>
◯終了タグ:</span>

tye一番右のチェックボックスをクリック。すると全てにチェックが入ります。

hem変更を保存をクリック。

akamo記事投稿画面に入ると、このようにボタンが追加されます。

kokkまずは文字を選択し、その後赤文字ボタンをクリック。

konnitihaするとこのように、タグを一発で呼び出すことができました。

tesプレビューで確認を行い、赤文字で表示されていれば無事登録完了となります。

まとめ

今回は、AddQuicktagについての解説でした。

もちろん他にも色んなコードのボタンを追加できますが、
全てはこの記事には書ききれないので検索してみてください。

たとえば、「HTML 文字 黄色」「HTML 文字 太く」
などで検索してもらえればすぐに見つけることができます。

もし、「◯◯にしたいけど分からない」という場合は
気軽に僕に問い合わせて頂けたらと思います。

AddQuicktagは本当に便利なプラグインですので
是非活用されてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。