AdSense Managerの使い方!表示されない場合は?

解説動画はこちら

今回は、アドセンスをショートコード化できるプラグイン、
「AdSense Manager」の導入方法を解説します。

このショートコードを記事に入力することで、
長いアドセンスコードを毎回コピペしなくて済みます。

それではさっそく進めていきましょう。

AdSense Manager

まずはAdSense Managerを有効化しておきます。
プラグインの有効化手順はこちら

adダッシュボード画面のサイドメニューから「投稿」→「Ad Units」をクリック。

sin空欄にアドセンスコードを貼りましょう。その後、Importをクリック。

sin2Display Optionsを全て「Yes」にした後、Save Changesをクリック。

※全てYesにしないとアドセンスが表示されない場合がありますので注意しましょう。

1するとこのように、「co-1」というユニットが登録されました。

記事中には[ad#co-1]と入力することでこのユニットを表示ることができます。

記事中に貼り付けよう

ad2記事中に[ad#co-1]と入力し、プレビューで見てみましょう。

supこのようにアドセンスが表示されていたら、無事に設定完了です。

新たに別のユニットを作成した場合は、[ad#そのユニット名]
と記事中に入力することで、そのユニットを表示することができます。

AddQuicktagに登録すると便利

adse応用技ですが、このようにユニットコードをAddQuicktagに登録しておくと便利です。

まとめ

AdSense Managerについての解説を行いました。

もし万が一、アドセンスが使えなくなった場合でも、ユニットを
他の広告に編集すれば一瞬で全ての記事に反映されるので安心ですね。

もちろん、AdSense Managerにはアドセンス以外の広告も
設定できますので、いざという時の為にも導入されることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。