EWWW Image OptimizerでWordPressを高速化|画像圧縮プラグイン

解説動画はこちら

WordPressで記事を投稿していくと、自然と画像が溜まっていきます。画像はサイトの表示速度が重くなるという問題があります。サイトの表示速度が遅いと、ユーザビリティが下がり、離脱率が大きくなってしまいます。

しかし、EWWW Image Optimizer というプラグインをインストールすれば、以下のようなメリットがあります。

  • 画像を使う度に自動でファイルサイズを圧縮してくれる
  • 過去に使った画像のファイルサイズが一括で圧縮できる

一度簡単な設定をすれば済みます。
それでは EWWW Image Optimizer の設定方法と使い方をご紹介していきます。

まずは「EWWW Image Optimizer」を有効化しましょう。
プラグインの有効化手順はこちら

EWWW Image Optimizer の設定方法

プラグインをインストールしたら、管理画面の左メニューの「設定」の中に「 EWWW Image Optimizer 」という項目が追加されます。これをクリックすると詳細設定の画面にアクセスできます。
1
設定項目は、以下の3つあります。

  • Basic Settings
  • Advanced Settings
  • Conversion Settings

全部英語なのでちょっとややこしそうですが、以下の手順通りに3カ所をチェックするだけで済むので安心して下さい。

Basic Settings(一般設定)

ここは、 “Remove metadata” にチェックを入れましょう。

2
そうすることによって、画像ファイルに不要なメモなどがくっついている時に、自動的に削除してくれるため、画像サイズをより圧縮してくれるようになります。

Advanced Settings(圧縮設定)

ここでは、” disable pngout ” にチェックを入れましょう。

3

Conversion Settings(画像変換設定)

ここでは、” Hide Conversion Links “にチェックを入れます。それによって、EWWW Image Optimizerのデフォルト機能に、png を jpg に変換したり、 jpg を png に変換する機能があるのですが、その機能を削除することができます。

4

こうすることで、自動で勝手に変換が行われたり、画像のクオリティまでソフトが落ちたり、フォルダ内の画像が増えることでデータの管理が複雑になるのを防ぎます。

EWWW Image Optimizer の基本的な使い方

このプラグインは上記の設定を行えば、基本的に後は何もする必要はありません。今後、あなたが画像を使う際に自動で圧縮してくれます。

ただし、既存の画像は自動圧縮されません。手動で圧縮する必要がありますので、既にいくつか画像をアップロードしている場合は以下の2つを行っていきましょう。

  • 既存の画像を一括で圧縮する
  • テーマで使用されている画像を圧縮する

既存画像をまとめて圧縮

これから、過去にアップした画像を圧縮していきます。

左メニューより「メディア → Bulk Optimize」をクリックしましょう。
5

「Optimize Media Library」の下にある、「Start Optimizing」をクリックしましょう。
6

すると、過去にアップした画像の圧縮が始まります。
7

圧縮が完了したら、次の操作を行います。

テンプレートで使用されている画像を圧縮する

ひとつ前の画面に戻り、「Optimize Everything Else」の下にある、「Scan and optimize」をクリックしましょう。
8

テンプレート内の画像圧縮がはじまります。
9

画像が軽くなりサイトが早く表示される

サイトの表示速度を上げる方法は様々がありますが、その中でも簡単にできて、かつ効果の高い方法が画像ファイルサイズの圧縮です。

サイトの表示速度が上がると、ユーザビリティの向上につながり、SEOに対しても好影響を与えます。

ユーザーに使いやすいサイト作りを常に心がけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。