記事中に目次を表示しよう!Table of Contents Plusの設定方法

解説動画はこちら

Table of Contents Plusは、記事に目次を自動生成してくれるプラグインです。目次を表示することにより、サイト訪問者が記事を読みやすくなります。設定方法も簡単なので是非導入しましょう。

「もくじ」とは?

Table of Contents Plusを導入すると以下のように目次が表示されるようになります。
スクリーンショット 2016-06-27 10.28.21
ただし、以下のように記事中に見出し用のHTMLタグを記述しなければ表示されませんので注意。
スクリーンショット 2016-06-27 10.42.06
見出し用のHTMLタグはキーワードを入れることによりSEO効果も発揮するので、記事を書く際は毎回必ず見出しタグを記述するようにしましょう。

それではTable of Contents Plusの設定方法を解説していきます。

まずは「Table of Contents Plus」を有効化しましょう。
プラグインの有効化手順はこちら

Table of Contents Plusの設定方法

プラグインをインストールしたら、管理画面の左メニューの「設定」の中に「TOC+」という項目が追加されます。これをクリックすると詳細設定の画面にアクセスできます。
1

設定項目は以下の3つです。

  • 表示条件
  • 投稿タイプ
  • 見出しテキスト

表示条件

“表示条件”の数字をクリックし、「2」に設定しましょう。こうすることで、見出しタグが2個以上使われる場合に目次が表示されるようになります。
2

投稿タイプの設定

“次の投稿タイプのときに表示”の「POST」にチェックを入れます。こうすることで、通常の投稿記事に目次が表示されるようになります。
3

見出しテキスト

“見出しテキスト”は目次の見出しに表示されるテキストです。デフォルト時は英語になっていますが、サイト訪問者に分かりやすいように日本語に変更しましょう。
4

最後に

Table of Contents Plusの導入と設定方法の解説は以上になります。今回は基本的な設定方法を解説しましたが、他にも設定を行うことで目次を細かくカスタマイズすることもできます。

是非あなた好みの目次を作成されてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。