久保優太の生い立ちや家族構成まとめ!学歴や実家の兄弟・父親・母親とのエピソード

皆さん、久保優太さんをご存知でしょうか?

久保優太さんは現役K-1ウェルター級世界王者兼年間2億円以上を稼いでいる方です!

その珍しいキャリアから度々テレビ出演されています。

そんなマルチに活躍されている久保優太さんの家族構成や生い立ちについて調べてみました!




久保優太のプロフィール

・愛称:戦う投資家、微笑みスナイパー
・本名:久保優太(くぼゆうた)
・生年月日:1987年10月19日
・年齢:32歳
・出身地:東京都立川市
・血液型:A型
・身長:175cm
・体重:65kg
・活動内容:K-1選手、投資家
・事務所:なし
・コンビ名:なし

久保優太と言えば投資!

久保優太さんがメディアに出るようになったのはK-1での実績もありますが、投資での実績から注目された所にもあります。

久保優太さんは2013年頃から株式投資を始め2017年の時には総利益1億2000万円、2020年には2億円を超えるとも言われています!

祖父は証券会社に勤めており、幼少期に株やお金について聞かされ事がキッっかけで興味をもったとか・・・

格闘家になって、投資でお金を稼げばスポンサーなどに頼らず、トレーニングに打ち込める環境が出来ると考えたことから投資を始めたようです。

K-1だけではなく、投資にもストイックさが伝わります!

久保優太に結婚相手はいるの?

久保優太さんは現在、久保サラさんという方と結婚しています。

久保優太さんより年下なので20歳後半と推測されます!

現在の職業は不明ですが、過去にCDデビューの経験もあるそうですが、CDデビューのイベントで緊張のあまりイベント直前でバックレてしまったようです。

それが原因で2018年のAV出演騒動。

久保優太さんの影響やその業界の人の尽力のおかげで結果出演はしませんでしたが、久保優太さんはハラハラしていたことでしょう、、、

 

久保優太の家族構成

久保優太さんの家族構成ですが、一般にはっきりとした情報がありません。

しかし弟もK-1選手として活躍していることはわかりました!

久保優太の弟も強い!

久保優太さんはK-1での実績もすごいですが、弟の久保賢司さんも実績がすごいです!

2006年に17歳でプロデビューし6試合連続でKO勝利!

その当時の久保優太さんも15連勝していたので兄弟最強とも言われていました。

2012年にキックボクシングからプロボクシングに転向し、2015年に現役引退、現在はK-1の舞台で活躍しています。

引退までに獲得したタイトルは第8代NJKFフライ級王座、WPMO世界フライ級王座、第3代RISEバンタム級王座の3つを獲得しています。

久保優太さんだけ強いのではなく、弟の久保賢司さんも強いので久保家の遺伝はすごいですね、、、

 

久保優太の生い立ちや学歴

格闘家としても投資家としても実績のある、久保優太さんですが幼少期からすごかったのでしょうか?

子供の頃からお金についても興味あったそうなので、どんな学校に通っていたのか気になりますね。

調査してみたので、早速紹介していきます!

久保優太の出身高校

出典:https://www.minkou.jp/hischool/school/2859/

久保優太さんは2003年4月に都立小平西高校へ入学し、2006年3月に卒業しています。

Googleマップ

学校名 都立小平西高校
学科・コース 普通科
偏差値 46
入試難易度
住所 〒187-0032 東京都小平市小川町1丁目502−95
公式HP http://www.kodairanishi-h.metro.tokyo.jp/home/index.html

久保優太さんが都立小平西高校出身であることは、本人の書籍から間違いないでしょう。

高校時代はテコンドー!

久保優太さんは高校まではキックボクシングではなくテコンドーをやっていました!

テコンドーのきっかけは幼少期、お母さんにテコンドーの試合を見に行ったことかきっかけで始めたようです。

世界大会の日本代表に2回も選ばた経験もあるのだとか…

現在のキックボクシングの基礎は、このテコンドーが生きてるのかもしれません!

久保優太の出身大学

出典:https://up-j.shigaku.go.jp/school/category01/00000000259001000.html

久保優太さんは2006年4月に亜細亜大学へ入学しています。

Googleマップ

学校名 亜細亜大学
学科・コース 不明
偏差値 45~50
入試難易度
住所 〒180-8629 東京都武蔵野市境5丁目8
公式HP https://www.asia-u.ac.jp/

久保優太さんが亜細亜大学校出身であることは、本人の書籍から間違いないでしょう。

しかし卒業されているのかは不明です。

大学時代の練習は過酷だった!

高校時代に輝かしい成績があった久保優太さんですが、大学時代は悲劇の連続…

毎朝10㎞以上のランニング、練習前に5㎞のランニング、ランニング後は蹴りの打ち込み400回の練習内容。

そこから更にミットやサンドバック、スパー等の本格的な練習の数々をしていたそうです。

極めつけは、練習中1度も水を取らせないという縛りも!!

今では考えられないですよね、、、

久保優太の学歴一覧

施設名 偏差値 難易度 時期
幼稚園 調査中
小学校 調査中
中学校 調査中
高校 都立小平西高校 46 2003年4月〜2006年3月
大学 亜細亜大学 45~50 2006年4月〜

調べてみましたが高校からの情報しかありませんでした。

しかし高校から大学の間だけでも、一般の方には中々できない経験などされていました。

今の久保優太さんの土台はこの時期に完成されたみたいですね!

まとめ

久保優太さんについて今回は調べてみました。

K-1選手だけではなく投資家の一面もあり、とてつもない努力をして今の能力を身に着けたことが分かりました!

これからもK-1選手と投資家としてどっちも活躍を期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。