安斉かれんの生い立ちや家族構成まとめ!実家の兄弟・父親・母親はどんな人?

今回は話題沸騰中の「安斉カレン」さんについて調査してみました!若者を中心に人気を集め、ついにドラマを主演を勝ち取った彼女は、まさに今をときめく若きスターですね。

早速みていってみましょう!




安斉かれんのプロフィール


・愛称:安斉 かれん
・本名:非公開
・生年月日:1999年8月15日
・年齢:20才(2020年5月現在)
・出身地:日本 神奈川県藤沢市
・血液型:B型
・身長:157cm
・体重:非公開
・活動内容:ミュージシャン、歌手、女優、モデル
・事務所:エイベックス・マネジメント
・コンビ名:無し

安斉かれんと言えばポスギャル?


皆さん「ポスギャル」という単語をご存知ですか?ポスギャルとは「ポストミレニアルギャル」の略称で意味は次世代のギャルという意味です。まさに安斉かれんにぴったりの冠ですね。

安斉かれんの家族構成

実在は確認された彼女ですが、家族構成はどうなんでしょう?実際に調べてみたところ、ご両親と妹さんがいらっしゃるようです。ただし、芸能界の方に出られているのはご本人だけのようですね。

安斉かれんは父親の影響で音楽の道へ


安西かれんさんの父親について調査してみましょう!安斉かれんさんを育てられたのはどういった方だったのでしょうか!?

父はギターを趣味で引かれていたようですね。本人もその影響もあって楽器に携わることが多くなっていったと語っています!小さい頃の安西かれんさんを「ザ・ローリング・ストーンズ」のライブに連れて行ったエピソードをみると、相当コアなファンだったようです。

ティーンエイジャーの頃なんかは、父の影響を受けて反発を受けてしまいそうな感じですが、彼女の場合は素直に受け入れられたんですね!父の娘に対する向き合い方が良かったのか・・・。教育のレベルの高さを感じます笑

安斉かれんの母親は外国人?


今度は安斉さんの母親さんをみていってみましょう!

安斉さん自身、「AIじゃないか?」といった噂が流れるほどのルックスだと言われています。

調べてみたところ、どうやら母親さんは「フィリピン人」の方のようですね。芸能界にはハーフのお綺麗な方がたくさんいらっしゃいますし、安斉さんもその一人です。目鼻立ちがくっきりとしており目を引く美人といった感じですね!

フィリピン人とのハーフモデルは多く、「池田エライザ」「秋元才加」「高橋メアリージュン」さん等、そうそうたるメンバーがいらっしゃいます。やっぱり共通して顔立ちが整ってお綺麗ですよね。

安斉かれんの妹も超絶美人?


御姉妹に関して調べたところ、どうやら妹さんがいらっしゃるようです・・・。

しかし、妹さんに関する詳しい情報はゲットすることができませんでした!ただ、安斉かれんさんの妹って考えると相当美人であることが予想されます笑

安斉 かれんに彼氏(または結婚相手)はいるの?

ドラマ『M』で主役を務め、現在では第二の浜崎あゆみと呼ばれるほど人気を誇る安斉かれんさんですが、驚きなのは、恋愛面も浜崎あゆみさんと同じで、音楽関係の方との熱愛が報道されていました。

週刊誌には写真も掲載されており、お相手は一般人のため目元にはモザイクがかけられていましたがかなりのイケメンだと話題になりました。

その後2人の真相は分っていませんが、もしかすると結婚報道もあるかもしれませんね。

安斉かれんの生い立ちは?どんな子供だったの?

ドラマの主演を勝ち取り、今や飛ぶ鳥を落とす勢いといっても良いでしょう!

今度はそんな彼女のエピソードを小学校から見ていきましょう。まだ20と相当お若いですが、どんな幼少期を過ごされたのでしょうか?

小学校時代のエピソードや噂


幼き彼女の楽器は「エレクトーン」。エレクトーン奏者に憧れていたそうです。

表現力に優れた楽器で小さい頃から感性が育まれていたんですね。今でも引く姿が簡単に想像できるほどしっくり来ます。

もしかしたら、今後メディアの前で披露する場があるかもしれませんね!期待しましょう!

中学校・高校時代のエピソードや噂


中学生になった彼女は今度は「サックス奏者」に興味を抱き、吹奏楽部へ入部。ジャズ志望だったものの、入った部活はクラシックが多かったようです。ただ、アンサンブルの湘南地区大会では金賞を受賞するほど熱が入っており、彼女の楽器にたいする思いが感じられますね。

そしてやっぱり父のギター趣味の影響を大きく受けていたようですね。大きな目標があったわけではなく楽器を引くことに興味があり、将来を楽器に関係する仕事をしようと考えていました。

Avexからデビュー?その経緯について

高校一年生のころ「Avex原宿アカデミー」に通い始めたのが、彼女の歌手としてのスタートですね。楽器を引くことに興味を持っていた彼女ですが、「喉も楽器のひとつ」という想いに至り、歌手を志されたようです。

そして2019年5月1日に「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」をデジタルシングルとしてデビュー。

その後に7月1日に2枚目のシングル「誰かの来世の夢でもいい」。10月1日に「人生は戦場だ」を発表。以上3曲が「デビュー3部作」として安斉かれんの代表曲となっています。

まとめ

以上、今回は安斉かれんさんの家族構成から、生い立ちを追っていってみました。

小さい頃から楽器に触れられる環境に合った彼女にとって、現在の位置はある意味必然だったのかもしれませんね!

今後も次世代のカリスマとして、若い世代を引っ張っていってくれるのでは無いでしょうか。今後の活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。