【水溜りボンド】カンタの生い立ちや家族構成まとめ!実家の兄弟・父親・母親はどんな人?

人気YouTuberの水溜りボンド、毎日動画をUPするなどコツコツと頑張り続けているお二人。

そんなコンビの片方であるカンタさんについて、今回家族構成について調べてみました。

どんな生い立ちがあってYouTuberになられたのでしょうか。

気になっていた方はぜひチェックしてみてください!

水溜りボンドカンタのプロフィール


・愛称:カンタ
・本名:佐藤・マイケル・寛太
・生年月日:1994年4月4日
・年齢:26歳
・出身地:マレーシア・日本・アメリカ
・血液型:B型
・身長:167㎝
・体重:55kg
・活動内容:YouTuber
・事務所:UUUM
・コンビ名:水溜りボンド

水溜りボンドカンタと言えばハーフ疑惑と身長詐称

水溜りボンドのカンタさんは、本名に「マイケル」とミドルネームが入っているので、ハーフかと思われていました。

ですが、実際には両親とも日本人なのでハーフではないとのこと。

ただ、海外で生活していれば純日本人でもミドルネームを子供につける場合もあるそうです。

そこまで珍しくもないことだそうですが、それでも馴染みのない日本人からすれば「ハーフなの?」と思ってしまいますよね。

また、カンタさんは身長が167㎝であるにもかかわらず、かこに170㎝ぐらいであると偽っていました。

さらに身長詐称を動画内で相方のトミーに暴露されるという始末に。

他の動画でも実際の身長について晒されているにもかかわらず、概要に174㎝だと言い続けているカンタさん。

もしかしたら身長にコンプレックスがあって詐称しているのかもしれませんね。

水溜りボンドカンタの家族構成

水溜りボンドのカンタさん、家族構成は父・母・姉・兄・本人の5人家族なのだとか。

ヤンチャっぽいところはなんとなく弟感はありましたが、末っ子なんですね。

また、お父さんやお母さんも面白い方なのだとか。

だからあんなに明るく育ったのかな?なんて思わせられますね。では、どんな家族なのか、詳しくみていきましょう。

水溜りボンドのカンタの父親は元社長で活動には反対だった!

水溜りボンドのカンタさんのお父さんは、アメリカのとある企業の元社長さんだそうです!

なぜそんなことがわかったのかというと、アメリカでは名前で検索すると個人情報が分かるそうなので、それはそれで別の意味でちょっとすごいですね。

なんだかお父さんすごい人ですね!

ただ、カンタさんも生まれた場所がマレーシアなので、なんとなく海外勤務だったのかな?と想像はつきますが、まさかの元社長さんでした!

そんなお父さん、実は動画にもちょっと出ているそうなのですが、それまではカンタさんのYouTube活動に対して反対だったそうです。

それでも動画の時には楽しそうにしていたので、認めてもらえたのかとてもカンタさんも嬉しそうにしていました。

元々はちょっと楽しい感じの人で、良かったですよね。

水溜りボンドの母親は父親同様反対!でも現在は?

水溜りボンドのカンタさんのお母さんも実はお父さんと同じくYouTube活動に関しては反対でした。

しかし、実家にカンタさんが帰ってきて髪の毛を切るという動画では、面白おかしく演じられていたので今ではお母さんもカンタさんの活動に対して認めているのでしょうね。

また、カンタさんが渋谷109のシリンダー広告に出ることが決まった際に、お母さんに電話で報告。

その際にも「全然心配しなくていいんだけども」と気遣い、さらには「ごめんね寝てたね」と優しい言葉もかけたそうです。

お母さんに対して優しく接することができるカンタさん。

お母さんの優しさもカンタさんを通して感じることができました。

当時は反対されていても、今ではもうそんなこともないようなので安心ですね。

水溜りボンドカンタには彼女がいる?!本人も認めた?


カンタさんに彼女がいるという噂が出たのが、他のYouTuberの動画にカンタさんらしき人物と女性が映り込んでいたというもの。

ただし、画像を見る限りカンタさんなのかどうかがわかりにくい状態でした。

とてもカンタさんに似ているので本人ではないかと言われていたのですが、よく見てみると似ていないような気もする画像。

また、本人は当初違うと否定もしていたそうなのですが、途中から面倒になったのか「自分でいい」と言い出す始末。

ただし、彼女について入るかいないか否定も肯定もしていないので、もしかしたら画像本人ではなくても彼女がいる可能性は否定できませんね。

水溜りボンドカンタの兄はどんな人?


水溜りボンドカンタさんのお兄さんについては、あまり多くの情報はありません。

ただ、今でも海外に在住しているそうですね。

また、お兄さんにもミドルネームが付いている可能性があるとのこと。

両親とも仲が良いカンタさんなので、お兄さんとも仲が良いのでは?と思われます。

水溜りボンドカンタには姉もいる!年齢差は10歳?!


お姉さんとは10歳近く離れているとのことで、カンタさんは末っ子なのですがここまで離れていると可愛がられていたようなイメージもありますよね。

お姉さんもお兄さんと同じく海外在住で、ミドルネームもあるそうです。

きょうだいなので確かに、カンタさんだけがミドルネームがあるのも変な感じですしね。

あまり表に兄や姉のことを出してはいませんが、いつかどんなご家族なのか聴けるといいですね。

水溜りボンドカンタの生い立ち

マレーシアで生まれたカンタさんですが、幼少期に日本へ移ったかと思えば小学生時代にシカゴへ移住されたのだとか。

ですが、中学校と高校は日本だったみたいですね。

大学にも進学されているようなのですが、実はかなり頭がいいということもわかっています。

では、ここから小学校時代からのカンタさんいついて詳しくみていきましょう。

日本の小学校へ入学後に海外へ移住!剣道でかなりの成績を残していた!


小学校は川崎市にある小学校へ通っていたカンタさんは、幼い頃から剣道を習っていたそうです。

また、2005年にシカゴへ移住しましたが、そこでもデトロイトで開催された剣道大会で2年連続優勝したのだとか。

規模はあまり大きくない大会だったそうですが、それでもすごいですよね。

卒業もシカゴだったのでしょうか、転校のスケールも大きいので大変だったでしょうね。

中学・高校時代はバスケに打ち込むスポーツ少年!


中学校は日本の学校で麻生中学だと言われています。

中学時代はバスケ部に所属していたカンタさん、部長まで務めていたとのことなので剣道にしてもそうなのですが、とても運動神経が良かったのでしょう。

ちなみに、高校時代は青山学院高等部でバスケ部に所属し、副部長を務めていたそうです。

さらに青山学院高等部は普通科で偏差値が70以上と言われており、難関校でもあります。

秀才でスポーツもできるなんて、全てに恵まれた方なのですね!

また、中学時代にはお笑いにもハマり、ダウンタウンさんの凄さに気がついたとのこと。

高校ではお笑いコンビも結成していたそうなので、元々お笑い系に進みたかったのか?という感じもありますね。

大学はあの青山学院大学!映像系の学部で学んだ知識がいきている?!

水溜りボンドのカンタさんが通っていた大学は青山学院大学で、学部は文化政策学部文化政策学科だそうです。

ここでは映像系のことも学ぶことができるので、編集などの知識もここで学べたのかもしれませんね。

ちなみに、カンタさんは大学3年生までに卒業までの全ての単位を取得していたため、4年生になる前から卒業が決まっていたとのこと。

さすがとしかいえないほどですね、かなりの秀才だったのかもしれません。

そんなカンタさん、在学時に相方のトミーさんと出会ったことでYouTuberとしての活動を開始していました。

そして卒業後もそのままYouTube活動を続けていったのです。

確かに親としてはもったいないと感じるので反対する気持ちはわかりますが、しっかりと土台を作り上げ地道な努力もしていたのでここまで来れたのでしょう。

それにしても、頭がいいですねほんとに。

まとめ

スポーツもできて秀才で、全く非がないようなカンタさん。

家族についてはあまり詳しい情報がありませんでしたが、いつかお兄さんやお姉さんについての話を聴けるといいですよね。

まだまだ今後の動画も楽しみですが、家族についての情報も期待したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。